ケノン 脱毛器 脱毛後のポツポツ 肌荒れしない脱毛器

MENU

家庭用脱毛器の種類

家庭用の脱毛器の種類(照射方式)は、現在主に「レーザー脱毛器」と「フラッシュ脱毛器」の2方式となっています。

 

お肌の状態や脱毛器の使用状態などを考えなければ、以下のように「レーザー脱毛器」より「フラッシュ脱毛器」の方が肌荒れしにくい方式ではあるようです。

 

ですが、家庭用レーザー脱毛器でも改良・工夫されてきていますから、一概にはいえなくなってきています。


フラッシュ脱毛器

フラッシュ脱毛(IPL脱毛・光脱毛)は、特異な波長を持つインテンスパルスライトという光のエネルギーを利用して行う「光脱毛」の1つです。

 

光(フラッシュ)は複数の波長を含んだ光で広範囲に照射し施術します。

 

このインテンスパルスライトを瞬間に照射することで、肌の表面の温度を上げないで、毛根だけに光のエネルギーを集中させて脱毛できるので、肌への負担をすくないと言われています。

 

 

一般的、エステサロンで行われる脱毛はフラッシュ式になります。それはエステサロンにはいわゆるレーザー脱毛の専用のマシーンを導入すること許されていないからです。ただいいかげんな施術や説明もろくにしないクリニックよりは、マシーンの能力は劣ってもしっかりしたエステサロンの方がいいかもしれません。

レーザー脱毛器

医療用のレーザー脱毛には、現在アレキサンドライトという宝石を使った「アレキサンドライトレーザー」と、より新しいダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」の2種類が多い方式です。

 

家庭用としても、その内、「ライトシェア」

 

 

 

 

レーザー脱毛は、レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を利用した脱毛方法のひとつで、単一の波長のレーザー光を目的箇所に集中させる方式です。

 

家庭用のレーザー脱毛器は、医療用のものよりも出力が弱く設定してあり、一般の方でも使用できるようにしたものです。メーカーによっては使用できる部位を限定しているものもあります。

 

肌の状態や使用方法によって、火傷やシミになる場合があります。

自宅でエステ並みの脱毛器の情報をご紹介!

スポンサードリンク